海外送金で銀行に不服従①

分割払いであれば、日本から現地ディベロッパーに海外送金することになります。

私はわりと頻繁にプノンペンに行くので、基本的に直接まとめて数か月分を支払っています。


昨年12月に初めて、2,554USドルを日本の某銀行から送金しました。

どこの銀行も手続きはほぼ同じで、難しくはないです (ただし今回は大変でした)。

持っていくものは以下のとおりです。


・本人確認書類

・マイナンバー

・通帳 (円預金口座でOK)

・印鑑 (届け印)

・受取人情報

・コンドミニアム売買契約書 (送金目的の確認用)


受取人情報は不動産購入時に手に入りますが、名前、住所、銀行名、口座番号だけでなく、

正式な支店名SWIFTコード(国際的な金融機関識別コード)を聞いておくとスムーズに送金できます。

MARICO MASUI

経済アナリスト 増井 麻里子